住宅の取得方法の中で、より自分の理想の家を建てたいなら注文住宅を選ぶのがいいでしょう。一から自分で考える方法もありますが、理想を建築士などの専門家に伝えて形にしてもらう方法もあります。コストも意識する必要があります。

どこに依頼するか

これからずっと住み続ける住宅を建てたいと考えている際にはできるだけ自分の希望を理解して実現して欲しいと思うのが常でしょう。大手メーカーに依頼した方が技術的にも実績的にも安心という気持ちがあっても、…

家を建てるとき、大きく分けて大手ハウスメーカーか地域の工務店かのいずれかに依頼を行います。大手ハウスメーカーは保証が充実していたり、品質が安定していたりするのが魅力的です。では地域の工務店はダメな…

自分が望む家を建てるにあたり、建築士に設計図を作成してもらう必要があります。建築士との出会いはどうしたらよいのでしょうか。比較的簡単なのは、ハウスメーカーに問い合わせることです。たいていのハウスメ…

少しでも安く家を建てたい時には、広告宣伝費や人件費などの削減によって低価格を実現しているローコスト住宅がおすすめです

コスト

家造りをする上で木造にするか鉄骨造にするか、あるいは鉄筋コンクリートを使うかといった形で様々な工法の中から良いものを選び出すことは大切です。その際にコストがやはり気になるという人は多いでしょう。住…

現在の建築基準法では、品確法で示された3等級に新築の建築が規制されています。等級1は、数百年に1度来る地震を想定した震度6~7に対して倒壊せず、数十年に1度来る地震を想定した震度5に対して損傷しな…

一軒家を購入するなら、土地代と建築にかかるコストを計算することが必要です。土地は地域や立地条件によって、大きく異なることが知られています。一方、建築にかかるコストは広さだけでなく素材など様々な要因…