建築士に依頼するときの流れを知ろう!!

建築士とはどこで出会える?

自分が望む家を建てるにあたり、建築士に設計図を作成してもらう必要があります。建築士との出会いはどうしたらよいのでしょうか。比較的簡単なのは、ハウスメーカーに問い合わせることです。たいていのハウスメーカーには建築士が在籍しているので、住宅展示場などを参考に自分のイメージに合う住宅を建てているメーカーを探しましょう。また、建築士は独自に事務所をかまえている場合もあるので、事務所に問い合わせてもかまいません。比較的小規模な事務所の場合、他の仕事の影響で自分の家の設計をしてもらうまでに待ち時間が発生する可能性もあります。設計をまかせられる建築士(メーカー)とすぐに出会えるとは限らないので、ある程度の時間をかけて候補者を選定するとよいでしょう。

イメージはなるべく具体的に伝えよう

よい建築士と出会えたら、いよいよ設計の立案に入ります。このとき、基本的な情報として家を建てる場所(土地の広さ)と予算、希望する住宅のイメージを伝えます。イメージの伝達はとても大切な部分なので、複数回のミーティングが行われるのが通例です。イメージには間取りや建築素材などの多彩な要素がふくまれるため、詳細なイメージを伝えられないかもしれません。見本にしたい家の画像などを集めておくと役立ちます。暫定的な設計案ができたら、複数回の修正をするのが基本です。自分の理想に近くなるように、設計士に意見しましょう。土地や予算の都合で妥協しなければいけない場合もありますが、建築士と二人三脚で設計案を作成します。最終的な設計案が完成したら、いよいよ建築の開始です。